順調。

おはようございます、Bdhome濱口です。

日中はまだまだ暑さもありますが、朝晩随分すずしくなってきました。

現場の方も、最近のお天気同様、晴れつづき。

まず松阪市のKさま邸。
e0149215_7492731.jpg

屋根工事も完了し外装下地工事中。順調。

そして飯高のHさま邸。
e0149215_7531676.jpg

こちらはKさま邸より1ヶ月ほど進んでおります。

外装工事は仕上げを残すのみ。順調。順調。。

そして昨日のブログの伊勢市Mさま邸も

残すは仕上の工程と家具、建具&外構で、

こちらも順調。順調。順調。。。

お天気同様、Fine058.gifな現場状況です。

残りの工程も気を引き締めてがんばるぞう!!!
# by bd-home | 2009-09-10 08:03 | Comments(2)

シロイ

こんにちは。スタッフヨネダです。

M様邸の工事が着々と進行してきました。

内装工事の方も進んできたのでUPします。

e0149215_16454175.jpg


シロイ!!です005.gif

ココは22帖あるリビングダイニング(ロフト付)です。広々した空間が、より広く感じます。

e0149215_16482664.jpg


シロイ空間に壁の目地ラインがキリリと利いてとてもカッコイイです003.gif

スタッフながら工事の進行が楽しみです001.gif
# by bd-home | 2009-09-09 16:54 | 家づくり | Comments(2)

夕陽

こんばんわ、スタッフヨコザワです






先日ドライブ中にフラっと立ち寄ったパールロードの展望台に於いて


丁度夕陽が沈む時間帯だった為
一瞬一瞬で周りの色が変わっていく とても幻想的で不思議な空気に包まれました

e0149215_21594059.jpg



雲の切れ間から夕陽が顔を出し あたりが一気に明るくなったときなんかは
まわりのあちこちからため息が聞こえたくらいです

e0149215_2205273.jpg


e0149215_2211486.jpg








〇〇年もこの地で生きてきて 初めて見る光景

近すぎると見落としてるものが結構あるんだなぁ  と

e0149215_2251523.jpg






もし機会があれば 是非

反対側の海も素敵です
# by bd-home | 2009-09-03 22:07 | Comments(2)

蛙生

育て始めて4年目のガジュマルの木。

そこに住む緑色のカエルを見つけたのはもうかこれ一ヶ月くらい前。

毎日、毎日、ノドのフクロをゲコゲコ動かしながらじっと外を眺め続ける。

このカエルにとっては、おそらくこの鉢が終の棲家。

自宅のベランダにある一つの物語を想像すると、少し嬉しくなりました。

e0149215_9435578.jpg

                                      STAFF ヨネダ宅ニテ
# by bd-home | 2009-08-30 09:49 | Comments(0)

沁みこむ。

こんばんは、Bdhome濱口です。

本日から週末の打ち合わせデー。
ご予約いただいております方々よろしくお願いします。

先日、ル・コルビュジエと西洋美術館展へ見学に行ってきました。

e0149215_19582954.jpg












前回行った時は、外側だけをぐるっと見学しただけだったので、実質はじめて。

模型や工事中の写真、コルビュジエのスケッチや設計原図などが
展示され設計のプロセスなどが見れて興味深かった。

実際の建物内部も、モデュロールによるモジュール設計や
細部のキレイなおさまりなども見れて楽しかったです。

あいにく見学に夢中になりすぎて、写真が一枚もなし。。。残念。

記憶と感覚には沁みこんできたから問題ナシ。

っと自分に言い聞かせた鑑賞でした。
# by bd-home | 2009-08-29 20:17 | 設計者のひとり言 | Comments(0)

秋風の中の上棟式

こんにちは、スタッフのヨコザワです。

昨日、松阪のK様邸の上棟式が行われました。
天気にも恵まれ、しかも風がすっかり秋めいた一日で
気持ちよく大工さんたちも仕事をしているように見えました。

e0149215_1315181.jpg



どんどん柱や梁が積み上げられていき
家のカタチが出来上っていく様子が一日で見られる上棟は
家づくりの中でもとても重要で、実感がわくイベントではないでしょうか。


夕方の上棟式に来ていただいたK様の3人のお子様達が
骨組みだけの家ではしゃぎ回っている姿を見ていたら、
お家の完成後が想像できて、幸せな気持ちになりました056.gif

e0149215_1326336.jpg



無事に、完成しますように012.gif

K様、これからもよろしくお願いいたします。


e0149215_13281948.jpg

# by bd-home | 2009-08-25 12:57 | 家づくり | Comments(2)
こんにちは。スタッフヨネダです040.gif
先日、8/16~8/17に社員旅行で島根県、鳥取県の旅に行ってきました。

16日AM2:00出発。途中、大阪府吹田市の高速道路で岡本太郎さんの『太陽の塔』の横を通り、ハンドルを握りながら横目でチラチラ拝みつつ、旅の安全をお祈りしました。

AM9:00頃無事に島根県に到着。

出雲大社の遷宮前の特別拝観で間近で神社を見ることができました。60年もの間、風雨から神社を守ってきた桧皮葺きの屋根(ヒノキの樹皮を何百層も重ねたもの)からは生命力すら感じられるほどの迫力が感じられました。(残念ながら写真撮影はNGでした・・・)

大社の前に菊竹清訓さん設計の『出雲大社庁の舎 1963年』があり、実は僕はこれがいちばん楽しみでした003.gif

e0149215_9284086.jpg


この生命力!!氏が設計される建物は近代建築の主流のシンプル・抽象的な建物とは違う路線です。僕はどちらも好きなのですが、それにしてもこの建物・・・惚れ惚れします012.gif。。。

e0149215_9312392.jpg

中に入ると光が降り注ぎ、まさに神様の敷地に建つケンチクでした。


続きまして、境内のお隣にある『島根県立古代出雲歴史博物館 槇文彦 2007年』へ。

e0149215_9355676.jpg


この建物へのアプローチは110mあって、実は古代の出雲大社の階段と同じ長さです。他にも、このアプローチ沿いにたつ桂の木の葉っぱはハート型で、これは出雲大社の縁結びの神様にちなんでの植栽らしいです。コンセプトや伝説をケンチクに表現していて建物に楽しさを味付けしていました。
赤い鉄材はコールテン鋼といって、ワザと鉄を錆びさせてその錆を被覆とし、鉄を守るという素材です。
コールテン鋼・ガラス・鉄・植栽の緑の組合せがとてもキレイでした。さっき見た出雲大社庁の舎と対極的なケンチクでした。

e0149215_935236.jpg

↑デザインされた古代の詩を刻んだアプローチにたつ社長です。何かを考え中でしょうか・・・??

実は、旅の下調べでここの近くに『大社文化プレイス 伊東豊雄 1999年竣工』があるとリサーチしていたので、こっそり抜け出し(スミマセン)走ること10分!!巡礼すること10分!!汗をぬぐいつつ何事もなかったかのように合流(スミマセン)というハードスケジュールを決行してきました。

e0149215_10442555.jpg

↑別名でんでん虫と呼ばれています。
e0149215_10452152.jpg

↑中には気持ちのいい図書館があって、光の筒が建物を貫きます。
e0149215_10454322.jpg

↑光の筒の中は、実は屋外読書スペースになっています。
気持ちいい空間でした。

それにしてもこんなにもスゴイ建築が密集しているなんて、スゴスギル、島根県・・・。


出雲大社を後にしPM4:00頃、足立美術館に到着。

庭園が有名で、米国の日本庭園専門雑誌「Sukiya Living(数寄屋リビング)」で2003年~2008年まで6年連続1位になった程の美しさです。

e0149215_102642.jpg

↑景色を開口で切り取り、一枚の日本画のように見える仕掛け。(日本画にこの様なアマチュアカメラマンは描写されませんが・・・。)

その後鳥取県のホテルに到着。海が見える露天風呂とおいしい夕飯で至福のヒトトキを感じさせていただきました・・・・。

17日 AM5:30 この旅館街に昨日巡礼した菊竹氏の代表作、ホテル東光園があるとの事前情報をもとに町を散策。。。

ありました!!!こちらも建物に命が宿ってそうなオーラがありました。。
e0149215_10101158.jpg

この建物は出雲大社庁の舎と共にDOCOMOMOに登録されている建物です。
(※ドコモモとは近代建築史上重要な建築の保存活動や再評価を行う団体で、現在日本では135の建築が登録されています。ちなみに以前ブログでご紹介した『日向別邸』『東京カテドラル大聖堂』 『中銀カプセルタワー』もこの中に選ばれています。)
余談ですが、僕は現在、このドコモモに登録されている建築物のうち30件くらい巡礼しているのですが、この巡礼する感覚は登山好きだった父が登山雑誌に登った山をチェックしていたのと同じような喜びがあるように思います。。。001.gif

その後、鳥取県にある水木しげるの町へ行ってきました。町の通りが水木しげるロードという名前で、100を超える妖怪のブロンズ像があちこちに置かれていて、とても楽しい通りでした。なかでも水木しげる記念館は水木先生の生き様や、漫画の生原稿が展示してあったりして、とても刺激的で感動しました。
e0149215_10324421.jpg


通りの終点には『境港駅 高松伸 1995年竣工』がありました!!!
e0149215_10311822.jpg

e0149215_10314332.jpg

10年以上前の竣工にしてすごく未来チックな建物!!!今にも動き出しそうです。。本当にいろんなケンチクがあるんですねぇ・・・・。

色んな建築に出会えて、とっても幸せな旅でした。社長、ありがとうございました!!

-追記- 魯山人の言葉で僕も心に響いた言葉がありました。



     仰いでは宇宙に字を書け 

     伏しては砂上に字を習え

     毛筆を持って紙上に習うのみが

     習書の修行ではない


哲学的にも心を打たれた濃厚な旅でした。。。
# by bd-home | 2009-08-20 10:55 | mocco's simple life | Comments(2)

傑作

傑作と凡作との間は紙一重である。

しかもその紙一重がなかなか破れない。

これを突き破って傑作の域に入る為には、

精神の不断の緊張を必要とする。

感激のないものには、精神の緊張がないから

感激が傑作をつくるといってよい。

自ら感激して初めて人を感激せしめることができる。

e0149215_1811452.jpg











北大路魯山人


視覚、味覚、触覚、

研ぎ澄まされた感性による感受、、、

思わず作品に添えられた語録メモってしまいました。。。

ありがとう。
# by bd-home | 2009-08-19 18:24 | 設計者のひとり言 | Comments(0)

業務再開!

こんばんは、Bdhome濱口です。

本日より業務再開です!

みなさんお盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、前半はプールやらお墓参り、地元の盆踊り大会の準備で、
15日夜中からはスタッフと家族で山陰へドライブ旅行へ。

その様子を、

まずはじめに今回のメインの目的、出雲大社の特別拝観へ。
e0149215_1931893.jpg

奥に見える仮設の建物の中の本殿を、足場を昇りながら
真近で見学することができました。

苔ぶく檜皮葺きの大きな屋根。
高さ24mの日本最古の神社建築を目の前にできる60年に一度の機会。

次回はおそらく生きていないから、一生に一度の貴重な拝観でした。

その後、大御所菊竹清訓氏設計の庁舎も見学。
e0149215_1919680.jpg

同じ境内にあるRCのデコラティブな建物でしたが、
内部空間の雰囲気といい、出雲大社に以外に馴染んでおりました。
内部にはイサムノグチの特注のあかりがあったそうなんですが、
見過ごしてしまいました。。。残念。

その後、隣の槇文彦氏設計の島根県立古代出雲歴史博物館を見学。
e0149215_19334344.jpg

私の感想としては、建物自体好きなカンジなのですが、
歴史あるこの場所の空気感には少しミスマッチのような気がします。
時間が経過していくと馴染んでいくのかもしれませんが、、、

詳細は後ほどヨネダくんの建築巡礼にて、、、

そしてお昼には出雲そばをいただきました。
e0149215_1945611.jpg

おいしかった~

その後、足立美術館

こちらでは、素敵な庭園や日本画、陶芸品などを鑑賞。
大満足の美術館でしたが、
特に特別展の陶芸家、北大路魯山人の展示がすごく良かったです。

長くなってしまったので、2日目はまた後日ご報告します。

全てが大満足な右脳を刺激する1日となりました。
# by bd-home | 2009-08-18 20:02 | 設計者のひとり言 | Comments(4)

夏休み

こんにちは、Bdhome濱口です。

今朝は地震があったようですね。

阪神大震災の時の揺れにも気づかず熟睡してましたから、

もちろん気づくはずもありません。。。

さて、

夏休みのお知らせです。

8月13日(木)~17(月)まで、お休みさせていただきます。

休暇明けにはリフレッシュ、

パワー全開でがんばりますので、

よろしくおねがいします。
e0149215_18385393.jpg

# by bd-home | 2009-08-11 18:30 | お知らせ | Comments(5)