Bd-homeのお家づくり


by bd-home

2018年 06月 11日 ( 1 )

火災保険の裏話

こんばんは。スタッフ中西です。

今日は火災保険の裏話です。

火災保険は、新築されるお客様に限らず、中古住宅を購入される方、リノベーションされた方、アパートオーナー様など、非常にたくさんの方々が加入されている保険だと思います。

そこで、このブログを読んで下さっている皆様に、一つだけ質問させてください。。

いやぁ...楽しみです(^^)(^^)

「皆様が、現在加入されている、火災保険の会社はどちらですか?」

.............
.............
.............

さて......この質問に答えられる方が、何人おられるでしょうか??

少ない方でも20万円....多い方だと60万円近くを支払われている火災保険ですが、その保証内容についてきちんと理解されている方に、私はまだ出会った事がありません。。

会社の名前どころか、保険証券もどこにあるのか分からず、自分たちが、何に守られているのか、きちんと掴めておられない方が本当にたくさんおられます。

では、皆様にもう一つ質問です。

以下①〜⑥の中で「そんな事考えた事もない」と思う項目は何番でしょう?(複数回答ok)

①怪我した。「傷害、生命保険」に連絡しよう。
②万が一の事があった「生命保険」に連絡しよう。
③ガンと診断。「がん保険」に連絡しよう。
④義務教育卒業。「学資保険」に連絡しよう。
⑤お家の引き戸を割ってしまった。「火災保険」に連絡しよう。
⑥炊飯器の釜を割ってしまった。「火災保険」に連絡しよう。

..........
..........
..........

いかがですか??

⑤⑥の答えなんて、想像した事も、聞いた事も、考えた事もない方がほとんどではないでしょうか??

そうなんです。

火災保険は、火事の時だけではなく、様々なオプションがセットされているのが「普通」になっているのですが、その「普通を知らない方」が9割近くおられるという、とても不思議な保険なのです。

Bdhomeで火災保険を取り扱うようになって約3年。

そこで感じた火災保険の実態は、一言で言うと...

「融資を借りる為に、火災保険に加入するのが必須だから加入する」

この誤った考え方に尽きると思います。

そういう背景があるから、代理店が火災保険の中身をあまり具体的に説明せず、何となく、仕方なく、とりあえず加入されているというのが実態だと思います。

Bdhomeでは、火災保険のご提案にあたり、過去の様々な事例を具体的にご紹介しながら、実際の暮らしの中でどういった事が対象になってくるのか、じっくりと、しっかりとご説明させて頂く時間を取らせて頂いております。

その甲斐もあり、少しずつではありますが、火災保険の有難さや、保証内容の充実さを、ご理解頂けている方が増えてきているのではないかなと、感じております。

これからも、お客様にとって、意味のある火災保険を、ご提案していきたいと考えております。
e0149215_22292829.jpeg
 
力 × 想

”家族や地域がつながりあえる注文住宅を創造します”

BdHOME
伊勢市中島1-6-4
URL
http://www.bdhome-style.com/index.html

[PR]
by bd-home | 2018-06-11 20:13 | スタッフ日記 | Comments(0)