人気ブログランキング |

2016年 10月 02日 ( 1 )

リ・デザイン

こんばんは、スタッフ海保です。

昨日、今日と見学会にご来場いただきました皆様、

お忙しいところありがとうございました。




さて、Bdhomeではリノベーション物件が2件動き始めておりますが

単に「改装する、改築する」ということだけではなく

「美しくデザインし直す→リ・デザイン」という観点も大切にしております。

これらの物件がどのように変わっていくのか、楽しみにしていてくださいね。




良いご提案をするためには、現状に飽き足らず、日々勉強の毎日です。

素敵に「リ・デザイン」された博物館を見つけましたのでご紹介しますね。




JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」

リ・デザイン_e0149215_2129076.jpg

東京駅からすぐにある博物館です。

今までの博物館とは全然違う、

知的でレトロで、アーティスティックなデザイン空間!

展示品の骨や標本を、このテイストで見せる(魅せる)のか~

と、うならされました。

映画のワンシーンで、

ほこりのかぶった辞書をペラペラめくり、探し物をしていたら

いきなり・・・迷い込んでしまった空間のようです。



海外の美術館では、展示の壁の色が白ではなく

ワインレッドだったり、ブラックだったり辛子色だったりして

作品をより引き立てていたことに強烈な印象がありましたが

それに似たような感覚ですね。



リ・デザイン_e0149215_21293973.jpg


ちなみにこの建物は、旧東京中央郵便局(建築家吉田鉄郎が設計)で

改装の際に、東京大学が明治10年の創学以来蓄積を重ねてきた

学術文化財が展示されました。

展示・空間デザインは

先日のブログで紹介した緒方慎一郎さんが手掛けられています。






こども向けの博物館というよりは大人向けの雰囲気ですが・・・

後で読んだ、館長さんの言葉が印象的でした。


「こどもたちに見てほしいからと言って、

コンテンツをこども目線で作ったりしません。

こどもたちには背伸びしてみてほしいですね。

こういうものがやれるのなら僕も勉強してがんばろうという精神の背伸びですが。」


こども向けといって、こども受けの良いところにばかりに

連れていかなくてもいいんですよね。

たまには、背伸びしたくなる・・・

そんな、こどもの感性に影響を与える場所も必要だな~と思いました。










力 × 想

”家族や地域がつながりあえる注文住宅を創造します”

BdHOME
伊勢市中島1-6-4
URL
http://www.bdhome-style.com/index.html

















by bd-home | 2016-10-02 23:05 | Comments(0)